無痛永久脱毛を実現したデュアル方式のレーザー脱毛!【秋葉原スキンクリニック】

TOP クリニック紹介 受診の流れ アクセス・診療時間 ご予約 お問合せ 料金表

治療法別メニュー

診療時間

無痛脱毛が実現!
FDAが認定

医療レーザー脱毛は、黒い色素(メラニン)のみに集中する特殊なレーザー光線をムダ毛に照射し、毛根部を燃やして毛根と毛の発生源である毛乳頭を破壊することで、永久的な脱毛効果を得るための治療です。このレーザー光は、黒い色にしか反応しないため、皮膚に照射されても、皮膚の表面を透過し、毛根部以外にはダメージがなく、やけどや色素沈着などの心配はありません。

▼永久脱毛に関する定義とは?

この治療法は、医療機関のみが使用を許された高出力の医療用レーザーを使用するもので、エステや脱毛サロンなどで行われているムダ毛処理とは全く違います(レーザー脱毛や光脱毛は、以前はエステや脱毛サロンなどでも行われていたようですが、現在は医療機関のみでしか取り扱えない治療法になっています)。

また、「永久脱毛」に関する規定は、日本では未だにありませんが、医療美容の先進国アメリカでは、日本の厚生労働省にあたるFDA(食品医薬品局)という機関が厳格な規定を設けていますが、その基準によると『レーザーを3回照射後6ヵ月経過した時点で67%以上の毛が減っている』状態を「永久脱毛」と定義しています。

FDAは、この厳格な規定をクリアした数種の機種にのみ販売許可を与えていますが、その中でも最も実績があり、代表的な機種としての定評を持つのがルミナス社の<ライトシェア>と、キャンデラ社の<ジェントル・レーズ>です。
ワキ 腹部 ビキニライン

掲載した症例写真の左2例はルミナス社、右1例はキャンデラ社の提供によるもの。治療期間にはそれぞれ若干の違いがありますが、いずれも治療前と治療後とではムダ毛の状態が改善されているのがよくわかります。
料金表 ご予約 初回半額トライアル

トップへ戻る


2機種を併用

ライトシェア・デュエット
<ライトシェア・デュエット>

医療用レーザー脱毛機の機器の選定に関しては、「ダイオードレーザー」、「アレキサンドライトレーザー」、「ヤグレーザー」などから1種類のみを採用するクリニックがほとんどですが、レーザーの種類によって、個々人の肌質、毛質、脱毛の部位などの違いで脱毛効果が大きく違ってきます。つまり、単一のレーザー機器では十分な効果が得られないケースも出てきてしまいます。複数のレーザー機器を使い分けることで、よりパーフェクトな永久脱毛が実現するというわけです。

そこで、当院の「医療レーザー脱毛(デュアル方式)」は、このFDA認可の代表的な2機種の医療用レーザー脱毛機を併用した “デュアル・レーザー方式”を採用。この2機種の医療用レーザー脱毛機は、それぞれ「ダイオードレーザー」と「アレキサンドライトレーザー」という異なる種類のレーザー光を光源としているので、毛質や肌質・性別を問わずに全身のどの部位でも永久脱毛が可能になったと人気を集めてきました。

ジェントル・レーズPLUS
<ジェントルレーズPLUS>

▼最新鋭機の導入で“デュアル・レーザー方式” がさらに進化!

この人気の“デュアル・レーザー方式”が最新鋭機の導入で、さらに進化! まず、従来のルミナス社の<ライトシェア>が、最新鋭機<ライトシェア・デュエット>に!こちらは、AAD(米国皮膚科学会総会・サンフランシスコ)で2009年3月に発表されたばかり。日本にはまだ数台しか納入されていないという最新型の医療用レーザー脱毛機です。

さらに、キャンデラ社の<ジェントルレーズ>も、3種類のスポットゲージを持つ<ジェントルレーズPLUS>にグレードアップ!まさに究極的な「医療レーザー脱毛」の誕生です。
料金表 ご予約 初回半額トライアル

トップへ戻る


最新鋭

▲大口径吸引システムで注目のHSハンドピース
▲小口径で細かな操作が可能なETハンドピース
ハンドピース
世界で初めて永久脱毛(Permanent Hair Reduction)のFDA承認を受けたルミナス社の<ライトシェア>は、ダイオードレーザーを使用した医療用レーザー脱毛機。ダイオードレーザーの特性と、パルス幅(照射時間)が選択できる機能により、毛の太さ、肌の色、痛みを感じやすい部位などに合わせて対応できるので、男性のヒゲから女性のウブ毛・細い毛まで、毛の太さや部位にかかわらず痛みが少ない脱毛を可能にした脱毛機です。

この<ライトシェア>をさらに進化させた最新機種が<ライトシェア・デュエット>。その名の通りHSハンドピースとETハンドピースの2つのハンドピースを併せ持つ、<ライトシェア>と同じくダイオードレーザーを使用した医療用レーザー脱毛機です。

特に注目は、大口径(22×35mm)のHSハンドピース。従来の<ライトシェア>のハンドピースが9×9mmだったことを考えると、単純計算で面積比が20倍以上。実際の脱毛スピードは平均でも2・3倍、部位によっては4倍以上というデータがあります。

▼吸引システムの採用により、無痛の脱毛が実現!

また、HSハンドピースのもう一つの特徴は、脱毛部位を吸引しながらレーザーを照射する新システムの採用。この新システムにより、従来の医療用レーザー脱毛機の欠点であった痛みが解消され、ほとんど無痛といってもよいほどの脱毛が実現しました。

このメカニズムは、ハンドピースの内部が空洞になっていて、そこに皮膚を吸引し、皮膚を引き伸ばしながら毛根部をレーザー光源部のほうへ引き寄せるので、従来よりも弱いレーザー出力で効率的な脱毛ができ、皮膚へのダメージも最小限に抑えられ、無痛の脱毛が実現するというわけです。また、この時に皮膚を伸展させるため痛覚が抑えられるという効果もあるようです。さらに、脱毛後の腫れもほとんど発生しないので、照射後の冷却処置も必要ありません。
 


@ハンドピースの内部に皮膚を吸引。皮膚を伸展させながら毛根部をレーザー光源部に引き寄せます。
 
A レーザー照射。弱い出力でも毛根部のメラニン色素に効率的にレーザーが反応するので無痛です。
 
B 吸引解除。毛根と毛の発生源である毛乳頭が破壊されました。この動作は数秒の間に行われます。


▼デリケートゾーンの脱毛はETハンドピースで!

<ライトシェア・デュエット>のもう一つのハンドピースであるETハンドピースはChillTipと呼ばれる皮膚冷却システムを内蔵し、接触照射による治療のため、皮膚へのダメージを最小限に抑え、かつ脱毛効果を高くすることが可能です。また、口径が9×9mmなので細かな操作が要求される部位の脱毛に最適です。
このように、<ライトシェア・デュエット>では、広範囲の脱毛はHSハンドピースで一挙に、デリケートゾーンの脱毛などはETハンドピースで丁寧にというように使い分けることが可能になったわけです。
料金表 ご予約 初回半額トライアル

トップへ戻る


ジェントルレーズ


▲3種類のスポットゲージを交換可能な<ジェントルレーズPLUS>のハンドピース
“デュアル・レーザー方式”を構成する、もう一方の医療用レーザー脱毛機がキャンデラ社の<ジェントルレーズ>。毛の成分であるメラニンに選択的に吸収されやすいという特長を持つアレキサンドライトレーザーを使用した、日本では最も実績がある医療用レーザー脱毛機です。

こちらもあらたに<ジェントルレーズPLUS>にグレードアップされた結果、従来まで直径12mmだった照射スポットサイズが、最大で18mmにまで拡大され、1回で照射されるレーザーの面積が実効で2倍以上に。パルス幅(照射時間)が短く設定された機能と相まって、さらにスピーディな脱毛が可能になりました。


▲左から直径18mm・15mm・12mmの交換可能な3種類のスポットゲージ
また、ハンドピースに装着されるスポットゲージも18mm・15mm・12mmの3種類を交換可能となり、脱毛部位の選択が広がりました。

▼レーザー照射と冷却ガス噴射装置を一体化
さらに、ダイナミック・クーリング・ディバイス(DCD)という冷却ガス噴射装置をレーザー機に一体化して、レーザー照射の直前に冷却ガスが自動的に噴霧されるシステムを採用。これは、レーザー照射に伴う痛みの軽減と同時に、皮膚へのダメージを最小限に抑える働きをします。

ダイナミッククーリングディバイス
@レーザー照射の直前に冷却ガスを自動的に噴霧
Aレーザー照射に伴う痛みと皮膚へのダメージを軽減
▼脱毛効果だけでなく、美肌効果も同時に発揮!
<ジェントルレーズPLUS>は、脱毛以外にも表皮内のメラニンに対し、熱ダメージを与えて色素性疾患を改善させる効果もあります。また、アレキサンドライトレーザー特有のコラーゲンの産生を促進する作用と、開いた毛穴を引き締める効果により、肌のツルツル感を得られるなど、さまざまな美肌効果が期待できます。
料金表 ご予約 初回半額トライアル

トップへ戻る

全身ツルツルになります


▲男性のヒゲのような黒くて太い毛の場合は、より高い脱毛効果が期待できます。▲背中にできたニキビも、医療レーザー脱毛でムダ毛と同時に解消してしまいます。
当院の「医療レーザー脱毛(デュアル方式)」は、顔から指先まで、全身どの部分でも永久脱毛が可能です。 特に、医療レーザー脱毛の原理は、レーザー光を毛の中の黒い色素に反応させ、毛根と毛の発生源である毛乳頭を破壊して永久脱毛の効果を得るというものですから、黒くて太い毛が多い男性のヒゲの場合は、より高い脱毛効果が期待できます。 また、前述した“デュアル・レーザー方式”の特性により、女性の顔などの細いウブ毛にも反応させることが可能で、敏感肌の方でも安心して治療が受けられます。

▼お肌にやさしい脱毛だからデリケートゾーンもOK
しかも、お肌にやさしい脱毛ですから、Vラインのようなデリケートな部位の脱毛にも最適。IラインやOラインの医療レーザー脱毛は、治療が難しいため、行っていないクリニックも多いようですが、当院の“デュアル・レーザー方式”なら、全く問題ありません。

▼アトピーで医療レーザー脱毛を施行できなかった方もご相談を
また、今までアトピー性皮膚炎などで医療レーザー脱毛を施行できなかった方もぜひご相談をしてみてください(アトピー割引も設定しています)。

▼背中や胸にできた大人ニキビをムダ毛と同時に解消する美肌効果も !
また、「医療レーザー脱毛(デュアル方式)」を行うことで毛穴の開きが改善され、肌のくすみやざらつきも減少します。特に、アトピー性皮膚炎などの皮膚の弱い方は、ムダ毛の自己処理で起きていた湿疹が劇的に改善されます。さらに、医療レーザーならではの作用として、背中や胸にできた大人ニキビをムダ毛と同時に解消するというありがたい効果も副産物として得られます。
 
こんな部位に
ライトシェア・デュエットHSハンドピース=LS-HS
ライトシェア・デュエットETハンドピース=LS-ET
ジェントルレーズPLUS=GL
※実際の脱毛時に使用するレーザーの種類に関しては担当医の判断となります。
顔
細いウブ毛の場合はLS-ETで。男性のヒゲにはGLで。毛穴が引き締まる美顔効果も。
お腹
おへそまわりの軟毛など、広範囲な部分をつるつるに。短時間で処理できるLS-HSやGLの18mmスポットゲージで。
手背・指
ネイルやアクセサリーをつけたときも手の先まで美しく。細い毛の場合が多いのでLS-ETかGLで。
Vライン
デリケートな部分だからLS-ETかGLの12mmスポットゲージで。IラインやOラインの脱毛も受け付けています。
うなじ
LS-HSなら無痛でスピーディな脱毛が。首が細く長く見える効果も。
ワキ
オールシーズンの脱毛の基本です。LS-HSやGLで確実な効果が望まれる部分。
背中
夏になる前に必ず処理しておきたい部分です。広範囲でも短時間で処理可能なLS-HSで。
ヒジ下
春先からの半袖になる前のシーズンに。LS-HSやGLでスピィーディな効果を。
ヒザ下
ミニスカートやホットパンツをおしゃれに着こなせるように。LS-HSやGLの18mmスポットゲージなら短時間で。
料金表 ご予約 初回半額トライアル

トップへ戻る


Q&A
これまでは、「医療レーザー脱毛」に関する特徴を説明してきましたが、ここでは、実際の治療に際しての質問に、Q&Aの形式でお答えします。これは、今までに寄せられたご質問の中から抜粋したものですが、他にもご質問がある方はお問合せフォームからお寄せください。
ここが知りたい!Q&A
 
Q1
永久脱毛といいますが本当に永久的な効果があるのですか?
A
日本では永久脱毛に関する規定は未だにありませんが、アメリカでは、日本の厚生労働省にあたるFDA(食品医薬品局)という機関が、Permanent Hair Reductionという表現で規定を設けています。この規定では「レーザーを3回照射した後6ヵ月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態」となっていますので、ほとんど永久的な脱毛効果といえるのではないでしょうか。 なお、当院で取り扱っているレーザー脱毛機は、すべてこの規定をクリアしたものです 。
Q2
何回ぐらいの治療で効果がわかるのですか?
A
効果自体は1回目から実感できることが多いようです。また、脱毛治療後にレーザー照射によって膨張した毛が毛穴に詰まる場合があり、1・2週間後にそのような毛が自然に抜けてくることもあります。
ただし、毛周期との関係で、1ヵ月から1ヵ月半後くらいに前回のレーザー照射でダメージを受けなかったムダ毛が生えてきますので、通常3・5回の治療を受けて永久脱毛としての効果を得ることができます。 また、治療回数は毛の密度の濃い部分ほど多く必要となってきますので、男性のヒゲ脱毛などは7・10回程度の治療となる場合もあります。
Q3
治療中に痛みなどはありますか?
A
よく輪ゴムで弾いたような感じと言われてきましたが、最近は機材の進歩によってかなり脱毛時の痛みは軽減されてきています。特に、最新型の<ライトシェア・デュエット>のHSハンドピースなどは、ほとんど無痛の脱毛を実現しています。。
Q4
エステなどの脱毛と、医療機関のレーザー脱毛はどう違うのですか?
A
以前はエステや脱毛サロンなどでもレーザー脱毛や光脱毛が行われていたようですが、平成13年11月に厚生労働省から、これらの行為が医師法違反であるとの見解が出され、その後はレーザー脱毛は医療機関でしか受診できないことになっています。 ただ、現在も出力を抑えたレーザー脱毛や光脱毛を行っているエステや脱毛サロンはあるようですが、医療機関で扱っている高出力の医療用レーザー脱毛機とは効果が全く違います。
Q5
やけどなどの心配はありませんか?
A
従来は、日焼け跡や色黒の人は軽いやけどのような症状(発赤や水疱、色素沈着など)が比較的おきやすいといわれてきましたが、現在は肌の色や肌の状態をチェックしたうえで、皮膚科専門医による慎重な判断でレーザー出力設定を決め、必要時にはテスト照射も行っていますので、そのような心配はありません。
Q6
治療前に注意することはありますか?
A
著しく日焼けをしている場合には治療ができない場合がありますので、治療前にはあまり日焼けしないように注意してください。さらに、レーザー光は毛のメラニン色素に反応して毛根部分に作用しますので、脱色や毛を抜いたりしないでください。また、当日は必ず剃毛してきてください
Q7
ウブ毛や埋没毛にも効果がありますか?
A
レーザー脱毛は、メラニン色素が含まれている毛であれば脱毛効果は認められます。もちろん太い毛のほうがメラニン色素の多い分、レーザーの熱量を吸収しやすいため効果は高いのですが、ウブ毛のような細い毛であっても適正なレーザー光の種類をチョイスすることによって脱毛は可能です。
また、レーザー光は皮下の深部にまで到達しますので、自己処理では脱毛が不可能な埋没毛にも効果があります。特に、埋没毛は毛嚢炎になりやすく、皮膚トラブルを起こすケースが多いので、早めに皮膚科専門医による診察を受けられることをおすすめします。
 
治療の流れ  
こんな人にオススメ!
安全、確実に永久脱毛したい方。
ムダ毛処理の煩わしさから解放されたい方
痛みや刺激の少ない脱毛をご希望の方
短い期間で治療したい方
エステサロンで脱毛をしたけれど、十分な効果が得られなかった方
頻繁なムダ毛の自己処理による肌荒れや埋没毛で悩んでいる方
が2つ以上ある人は今スグご予約を!
料金表 ご予約 初回半額トライアル

トップへ戻る

目的別メニュー

治療法別メニュー

IPL・EW・レーザー治療

注入治療

導入治療

ピーリング治療

皮膚再生治療

注射治療

内服薬&外用剤

その他

  • ツルスベ効果を実感
  • 脂肪吸引と同じような効果
  • ムダ毛撃退
  • ヴァンキッシュ
  • ダーマローラー
  • ケミカルピーリング
  • サーマクールCPT
  • ボトックス注入
  • W-PRP
  • ホクロ除去
  • ワキガ
  • エキシマ紫外線照射
  • 太田母斑(青アザ)治療
  • 扁平母斑(茶アザ)治療
  • 血管腫 (赤アザ)治療

スマホ通院はじめました

トップへ戻る

Copyright(c) 2008 Akihabara Skin Clinic. All Rights Reserved.